今日の晩ごはん

アジの南蛮漬け

調理時間
25分(漬けこむ時間は除く)

玉ねぎと長ねぎの甘みや辛みも調味料のひとつ

2種類のねぎの味わいとシャキっとした食感が存在感抜群。これからの季節はよく冷やして召し上がれ。味が染み込むほど美味しくなるので多めに作って常備菜にしても。

材料 ( つくりやすい分量 )

  • 真アジ …3~4尾
  • 塩 …少々
  • 玉ねぎ …中2個
  • 長ねぎ …1/2本
  • 唐辛子 …1~2本
  • 片栗粉 …適量
  • 揚げ油 …適量
<A>
  • 醤油 …90ml
  • 酢 …50ml
  • 砂糖 …大さじ2と1/2

作り方

1 アジをおろす
アジは3枚におろし、小骨を取り除く。塩を身のほうに振って10分ほどおき、水気をふき取ってから半分に切る。
2 野菜を切る
玉ねぎは薄切り、長ねぎは5㎝長さの千切りにする。
3 アジを揚げて、漬け汁に漬ける
バットに2、Aと唐辛子を入れる。1に片栗粉をまぶし、170℃の油で揚げる。厚いうちに油を切らずにバットに入れて、野菜と一緒に漬け込む。

Point

  • 油を切らずに漬ける

    揚げたアジは、油を切らずにそのまま漬け汁の中に入れるのがポイント。味が染み込みやすくなる。

  • 玉ねぎ、長ねぎなどの辛さの中に感じる甘みも調味料として考えて。「多すぎかも」と感じるくらいにたっぷりと使うのが太田さん流。カラっと揚げたアジと、シャキシャキの野菜の食感の違いを感じて。

副菜 memo

箸休めになるものを

しっかりめの味つけに仕上げた南蛮漬けには、青菜の塩炒めや輪切りに切った茄子の蒸し焼きなど、箸休めになるようなさっぱりとしたものを合わせて。彩りも鮮やかなので食卓も華やかに。