今日の晩ごはん

鶏肉と揚げ麩のすき焼き

調理時間
30分

鶏モモ肉で食べごたえのあるすき焼きに

鶏モモ肉を使うと、ごちそう感はそのままにいつでも食べたい身近な味に。食材に焼き色を付けてから割り下を加えて、香ばしさをプラスします。名脇役の揚げ麩が卵とよく合いますよ。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏モモ肉 …1枚(約330g)
  • 揚げ麩(仙台麩) …2本(直径約5cmのものを使用)
  • しいたけ …4個
  • 長ねぎ …1本
  • 春菊 …1束
〈割り下〉
  • 醤油 …100ml
  • みりん …80ml
  • 酒 …70ml
  • きび砂糖 …50g
  • サラダ油 …小さじ1
  • 卵 …2個〜

作り方

1 下ごしらえをする
鶏肉は食べやすい大きさにそぎ切りにし、揚げ麩は2cm厚さに輪切りにする。たっぷりの水で戻し、水気を軽く絞る。しいたけは石突きを切り落とし、表面に十字の切り込みを入れる。長ねぎは1cm幅の斜め薄切りにする。春菊は茎と葉の部分を分けて茎は食べやすい長さに切る。
2 割り下を作る
ボウルに割り下の材料を入れて、砂糖が溶けるまで混ぜ合わせる。
3 焼く
鍋にサラダ油を弱火で熱し、1の鶏肉の皮目を下にして並べる。焼き色が付いたら上下を返し、しいたけ、長ねぎを加えて一緒に焼く。全体に焼き色が付いたら2の割り下を100ml加える。
4 煮る
3に揚げ麩を加えて約2分煮る。春菊を加えて火が通ったら、溶き卵にくぐらせていただく。

Point

  • 割り下を注ぐ

    先に全体に焼き色を付けてから、割り下を注ぐ。鶏肉は肉汁が閉じ込められるのでジューシーになり、野菜などは香ばしく仕上がる。

副菜 memo

〆にうどんを

白いご飯と一緒に食べるのはもちろん、最後にうどんを加えて〆ても。豆腐やせり、白菜などを加えて具だくさんのすき焼きにするのもおすすめ。

❝this❞ is my life. INTERVIEW
WEDGWOODの「Gio」で料理がもっと楽しくなる! みないきぬこさんの料理教室
カレーもおこわもワイン煮も!甘さを活かしたサツマイモレシピ